寝起きの腰痛

raise-3338589_1920.jpg

こんにちは。

ほぐし&リラックス湘南台です。

睡眠時の悩みで多いものの一つに、起床時の腰の痛みや疲れがあります。寝ている間に疲れはリセットするはずなのに、なぜ腰の違和感が起きるのでしょうか?

合わない寝具かも?

もともと腰は寝ている間に体重による負担を受けやすい部位です。腰に体重が集中すると、周りの筋肉が緊張し、寝ている間に疲労物質や痛みの原因物質が溜まっていきます。そのため寝起きの腰の痛みや違和感に繋がるのです。

ベッドのマットレスの性能は睡眠時の腰の違和感に大きな影響を与えます。マットレスはどんなものでもいいというわけではありません。合わないマットレスを使用すると、腰の負担が大きくなり、起床時に痛みが生じるようになります。起床時に腰に痛みが生じづらい人は、寝ている間に適度に寝返りを打っています。寝返りを打つことで、姿勢が変わり睡眠中の腰への負担が別の部位に分散されます。しかし寝返りの回数が少ないと、寝ている間に姿勢があまり変わらないため、寝ている時の腰への負担が大きくなってしまいます。

寝返りを打つためにはマットレスに多少の硬さがあることが必要です。柔らかいマットレスは弾力があり衝撃を吸収してしまうため反発力がありません。一方で硬いマットレスでは反発力が生まれてスムーズに寝返りが打てるようになります。寝返りが少ない人が柔らかいマットレスを使用すると、起床時の腰の痛みが強くなってしまうことがあります。

寝起きに腰が痛くなってしまう人は一度マットレスを見直してみるとよいかもしれません。

血流の悪化かも?

血行がよければ、寝ている間に筋肉に蓄積した疲労物質や痛み物質は滞りにくくなります。しかし血行が悪いとその場所に留まり、寝起きの腰の痛みの原因になってしまいます。血行を悪くする要因として次のことが考えられます。

●寒さ

あまりにも室温が低いと血行が悪くなる原因になります。人間は寒さを感じると血管が収縮します。これは血管を狭くすることで、外気温と接する面積を減らし体温を外に逃がさないようにするためです。寒いとこのように血管が収縮して、血行が悪化しやすくなります。寝ている間にそこまで室温が気にならないからと言って、空調を管理しないと血行の悪化、ひいては起床時の腰の痛みに繋がりかねません。

冬に室温に気を付けたいのはもちろんですが、夏も気を付けたいものです。夏はついつい冷房をいれてしまいますが、室温が低くなりすぎて血行が悪化してしまうこともあります。

ストレス

人間はストレスを受けると、交感神経が刺激され優位に働くようにります。交感神経が優位に働くと、血管が収縮し血圧が上がります。日中は活動的になって良いことなのですが、夜間に血管が収縮すると、血流の悪化に繋がり、寝起きの腰の痛みの原因になりえます。

更年期障害

女性は40代後半くらいから50代にかけて女性ホルモンのバランスの乱れにより更年期障害が起こりやすくなります。女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が急激に減少し、心身のバランスが乱れてしまうのです。自律神経のバランスも乱れやすくなり、交感神経が優位になりがちになるため、血行が悪化しやすくなります。寝起きの腰の痛みの一因になりがちです。

寝起きの腰の痛みの対策は?

それでは起床時の腰の痛みを軽減するにはどのようなことを意識すればよいのでしょうか?

性能のいいマットレスを使う

起床時の腰の痛みに悩まされている人は寝返りが少ない人が多いです。寝ている間に適度に寝返りを打たないと、睡眠中に負担が腰に集中するため筋肉が疲労しやすいためです。寝返りの少ない人は硬めの高反発のマットレスを使用するとよいでしょう。適度な硬さが反発力になって、スムーズな寝返りをサポートしてくれます。ただし寝心地としては硬いので、「柔らかい寝心地が好き」という人には合わないでしょう。

柔らかい寝心地が好きな人には低反発マットレスがおすすめです。低反発マットレスは「体圧分散性」が高いことが特徴です。体圧分散性とは特定の部位に集中しがちな体重を全身に分散させることで、負担を軽減させる性能のことを言います。低反発マットレスはフィット感が高く、寝心地も柔らかいため、柔らかい寝心地が好きな人におすすめです。

●体を冷やさないようにする

体が寒さを感じると血管が収縮して、血流が悪くなり、腰の痛みの一つの要因となりえます。寝起きの腰の痛みを軽減するのに冷え性対策するのも大切です。人間の体温は筋肉で作られるため、筋肉をある程度つけるために運動習慣をつけるとよいでしょう。

ストレスを溜めない

ストレスは交感神経を刺激して脳を興奮させ睡眠の質を低下させる働きがあります。なかなか寝付けなくなったり、夜中に起きてしまったりすることがあるので、ストレスが溜まっていると思ったら、しっかりと発散するようにしましょう。

よりよい睡眠で、お疲れを癒しましょう。明日も頑張れますように。。。

ほぐし&リラックス湘南台店の詳細はコチラ!

東京・神奈川を中心に展開!
マッサージを探すならまずはコチラ

TEL WEB予約
TEL WEB予約